緊急事態宣言を受けて、私が出来ること

2020.4.21(火)

こんにちは、院長の十河です。


新型コロナウイルスが国内で初めて確認されてからもうすぐ3か月。
これまでに多くの方が罹患し、また亡くなられております。
心からのお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方・ご遺族の方にはお悔やみ申し上げます。


※当院の感染症対策はこちらから→当院の感染症対策について

※受診される方は必ずご確認ください→患者様へのお願い


そういった中、札幌市やその近郊においても感染者数が増加し、当院としてもどのように対応していこうか考えておりました。


鍼灸院・整骨院は休業要請の対象ではなく、現在当院に通院されている方にも手術後のリハビリで来ている方や、怪我の治療で来られている方も多数いらっしゃいます。


そこで当院としては休診日は設けず、


これまでと同様に、消毒を始めとする衛生管理を徹底するとともにスタッフの出勤日数を減らして接触機会を減少させる。


ことにいたしました。


スタッフを減らしてしまうことによってご希望の日時にご予約をおとり出来なくなるということもあるかと思いますが、国や道が呼びかけている、

少しでも接触機会を減らす


ということに協力できるよう、皆様にもご理解いただけると幸いです。


当面はゴールデンウィーク明けまではこのような体制でおこなってまいりたいと思いますが、急な怪我などの際はご遠慮なさらずお問い合わせください!

早くこの騒動が落ち着いて、私達自身の含めて皆さんが元の生活に戻れるよう心から祈っております。


一覧に戻る