超音波画像診断装置(エコー)

当院では最新の超音波画像診断装置を用いて、損傷部位の状態を的確に判断し施術の際の参考とし早期回復の手助けをします。

最新の超音波画像診断装置を用いて、損傷部位の状態を的確に判断し施術の際の参考とし早期回復の手助けをします

超音波画像観察は、肉離れや捻挫、スポーツ障害や怪我の状態を把握したいとき、レントゲンでは異常がみられない痛みなどに非常に有用です

例)足首の捻挫の場合

超音波画像観察は、肉離れや捻挫、スポーツ障害や怪我の状態を把握したいとき、レントゲンでは異常がみられない痛みなどに非常に有用です。

※あくまで超音波画像観察は施術の参考にするために行うものです。
 画像をみることにより専門医の診察や診断が必要な場合は提携する専門医へご紹介致します。

 

超音波画像診断装置の特徴・メリット

超音波画像診断装置の特徴・メリット

人体に無害である

レントゲンやCTとは異なり人体に放射線を浴びることなく小さなお子様や妊婦の方にも安全です。人体に無害なので繰り返し経過を観察することができます。

リアルタイムで状態を確認できる

筋肉や関節を動かしながら観察することができ、動画や画像として保存もできます。

筋肉、腱、靭帯などの軟部組織の観察に優れている

レントゲンではわからない筋肉・腱・靭帯などの軟部組織の状態を観察できます。もちろん骨折の有無も観察できます。

損傷状態をみることによって損傷の程度や回復の経過を知ることができる

スポーツによる怪我などの復帰時期の参考となる