睡眠について

2019.2.8(金)

みなさんこんにちは!
動物占いは”傷つきやすいライオン”でお馴染みの井形です。


私を含めこの時期試験などで睡眠時間が短くなることが多いのでは?と思いいろいろと睡眠について私なりに調べてみました。(勉強しろよと言う声が聞こえてきそうですが 笑)

あくまで独自調査なのであしからず…。




やはりまず気になるのが睡眠とは何時間寝るのが理想なのか?という点ですよね。


日本人の平均睡眠時間は男性が約6時間30分、女性が6時間40分と主要28カ国の中で最も短いようです。




それでは睡眠は長ければ長いほうがよいのでしょうか?


となるとそうでもないようで、睡眠時間が短くても長くてもうつ傾向の人の割合は高くなる傾向にあるようで、5時間未満で47.9%、9時間以上、10時間未満では32.1%と短すぎても長すぎても高くなりやすい傾向にあるようです。
1番うつ傾向が少なかったのが7〜8時間睡眠を取っていた人達の割合で23.5%程度とのことでした。


データからすると時間としては8時間程度確保出来ると睡眠時間としては十分ということでしょうか。


そこで気になるのが短眠法や分割睡眠などを行なっている方々です。


生活習慣病の名前の生みの親であり105歳まで生きられた日野原先生は毎日4〜5時間程度の睡眠であったようですし、トランプ大統領も3時間程度の睡眠と言われています。


一概に短眠であるから確実に不健康である!とは言い難いようです。
(結構短眠の人はパワフルな人が多い)


短眠法を行なっている方々に共通されるのは眠れないわけじゃないということで、意図して長く眠ることもできるようです。


睡眠や眠気をコントロールするというのが調べていて興味深い分野でしたが、書きたい内容が多くなりすぎてしまったので細かい内容はまた別の機会にしたいと思います。



以上の点をふまえても睡眠不足と感じる睡眠時間には個人差が大きいようですし、体質なども関係してくるようです。


ただやはり共通して良い睡眠に必要なのは

・日中の運動
・どこかで15〜20分程度の仮眠を取る
・寝る前に体温をあげる
・寝る前にあまりお酒を飲まない
・入眠時間を無理に決めない
・起きる時間は入眠時間に関わらず一定
・目覚まし時計を使わないで起きれるようにする


などが大事なようです(あくまで独自調査の結果です)


酸素カプセルも睡眠には効果的と言われておりますし(当院にございます\(^o^)/)
寝具もやはり重要な要素ですよね!(寝具のご相談もお気軽に!当院で39Designマットレスとうものを販売しております\(^o^)/)
良い睡眠を取ってまだまだ続く寒い冬を元気に乗り切りましょう!



一覧に戻る