鍼治療はなんで効くの??

2018.4.17(火)

こんにちは!

柔道整復師・鍼灸師の荒川です!

ブログ初投稿です!


さて、当院では患者さんの身体の状況によっては鍼治療を勧めることがあるのですが何で鍼がいいの?と聞かれることがあります。

いくつか理由があるのですが、そのうちの一つを簡単にですがご紹介したいと思います。


ざっくりいうと、身体に鍼刺激を与えると軸索反射という反射が起き、その結果血管が拡張され筋肉の血流が改善したり増大することによって、原因となった痛み物質が排除されて痛みが解消されるためです。


鍼を経験された方は感じたことがあるかと思いますが鍼を打った後に身体がポカポカするのはその作用で血流が良くなっているんですね。

刺鍼した部位も部分的に皮膚が赤くなったりもします。これも血流改善の反応といわれています。


鍼を刺す場所は痛みのある部分に直接刺すこともあれば、経穴と言われるいわゆるツボを使って痛みのある部分とは離れた場所に刺す方法などがあります。


また筋肉や関節の不調だけでなく内科的な不調に対しても調整することもできる素晴らしい治療法なのです。


鍼は刺し方によって刺激をコントロールすることもできるので苦手な方には弱く刺激したりすることもできます。興味はあるけどちょっと怖くて受ける勇気がないという方もまずはお気軽に是非相談してみてください!



#ほうしん大麻駅はり灸整骨院

#江別市の鍼灸整骨院

#スポーツ障害#腰痛#肩こり


一覧に戻る